2017/05


でも、男たちは、自分の体が丈夫に信じて、何の癖もない,病気にはいくつかの病気も眼中に置かない.強者の男は、実は世界で最も弱い群体です.統計データによると、35歳以下の男性は高血圧のリスクが高いと女性、毎年全国約100万人が心臓病、12 %は44歳以下の男性.80 %の重病男性患者は、病院に長期的に病院に行き、病.彼らは大雑把に1つでまた自分の健康に自分の健康を貸越ている.体の状況は徹底的にまでずれ既定の軌道を、悪性事件が起き、ある場所に突然現れたトラブルで、それぞれの器官の間は正常に運行することが一気に警醒:健康は自分にとってはどんなに重要!しかし多くの時、補うのが遅すぎることを補う.

「Pは、自分のことを、先生たちは、多くの表現が鈍っているとしている.しかしもし妻が細かく観察、一定の医学常識、そして日常生活の夫からいくつかの手がかりである病気の兆候が見つかって、特に男性易発症の弱点に付き添って、旦那が有効に避けて検査して、彼の健康に出軌.

は薄弱環節一:前立腺

p>と<多くの病気がますます若い化のように、前立腺疾患もロック部分屈強な棒若者、特にあれらのから職業が、涙に長座する人、例えばオフィスビルの中のOLさん、IT従業員と政府の公務員が、高齢者の特許を奪った.前立腺故障最初は制御が難しい、肝心なことは、病気が大きくなり、さもなくば、後の排尿困難や性障害、前立腺がんの張本人を誘発している.アメリカ、前立腺ガンは男性ガンのトップキラー!だから,生姜、いつも旦那の体の細かい変化を関心し、彼の看護師、きっと奥さんたちが生活中の大事なことに違いない.!

夫は危険信号:夫が最近頻繁にトイレ,2回小便の時間間隔は一時間以上も.寝る時、そのようにして、少なくとも3度も起きて、少なくとも3回くらいになります.よく観察するとは感じない、彼は以前より飲むいくら滔々と水やビールなど、それでは、あなたの家の男の前立腺可能故障した.

判定指標もしあなたは発見さんトイレの回数が増えて出入りが突然、あなたに聞いてみたら自発的に小便の時の感じがあって、例えば小便の過程の中で小便後かどうかを尿や焼き灼熱痛?排尿前後または大便過程で尿道には白い液体が流出しているかどうか?尿道が明らかでない場合は、小便後は意味がないと感じることがありますか?小便の時には力を入れないで、中間は2秒間の遮断現象がありますか?そして、尿を抑えきれずに.もちろん、あなたはもちろん、男は通常はこのプライバシーの話題についてプライバシーの話題については、それについては、プライバシーという態度について、プライバシーとプライバシーという話題には.しかし、これらの症状は、前立腺炎や前立腺増殖による尿路刺激と尿路ふさがる、もし



夏の冬、少し運動したら全身汗をかいて、夏の冬、ちょっと運動してから、ちょっと運動して.その根源は虚というのは虚.では男性友達体質虚はどうしたの?どこ虚?下にご解答虚の男性をどう進むことに補う、男性の保健はどれらの方面に注意する.

ぶよぶよ男に進むことに補う方案

調査研究は指摘する:我が国の成人超過率は22 . 8%、太っている率は7 . 1%に、その多くはぶよぶよ体質.肥満は慢性非伝染病の危険因子による、深刻な男性の健康に影響を及ぼす.

進むことに補う原則

ぶよぶよの男性コントロールすべき脂肪や総エネルギーの吸収、飲食は薄くならなければならなくて、少なく塩と味の素などの調味料、料理は多く採用少なく油の調理方法などを蒸して、水煮,和え物など.

Pとは、PとP

で魚、エビとナマコ類進むことに補う時に添えアズキのスープ、冬瓜スープなどにあっさり利尿食べ物、進むことに補う効果.羊の肉をくわえて、そのカルニチン、脂肪の代謝を促進することができて、ダイエットに適した男性の食用、ぶよぶよ.

p> <腎臓のびくびくする男に進むことに補う方案

Pは男性の山場,
媚薬.腎臓のびくびくする男性は多い表現を腰の酸っぱい、手足の冷たい、足が柔らかくて、性機能減退、耳鳴りなどの症状が進むことに補うべきで、冬季飲食腎臓を補って固陽、血固精を本.

進むことに補う原則

p>冬は<多く食べていくつかの偏る温性は非常には温補肾阳の食べ物を摂り、適切な栄養が豊富で、温腎精、産記入カロリーが高く、容易に消化の食べ物、補体のびくびくして、益の腎臓の息、免疫力を高める.果物、ミカン、ミカン、柿など、補血として、補血腎臓には精、寒しを防ぐ.

Pとは、PとPは20グラム、生姜30グラム、マトン500グラム、黄酒500グラム、黄酒500グラム,生姜、黄酒500グラム、黄酒500グラム、黄酒500グラム、黄酒500グラム、調味料の適量.

肝虚男に進むことに補う方案

酒は交際の場の重要な手段で、多くの男性はまた生活習慣の一つとして生活習慣の一つにして.乱酒で、杯の遣り取りをする時、アルコール潤物細無声を傷つけている男性の肝臓.肝機能障害の男性は、疲れている、吐き気、拒食、嘔吐などの症状が出やすい男性が簡単に現れます.

進むことに補う原則

こういう男性に進むことに補うべきで、適切な熱量高いビタミンや蛋白の食品を主とする.

Pとは,PとP赤小豆、ナツメは同種類の男性に適していて.ランチ食べられるニラと卵炒め、トマトの卵のスープ.小さい粥、カリフラワーはすべて肝の悪い男性の理想の夕食選択する.

脾臓のびくびくする男の進むことに補う方案

の冷え込み、脾冷え込む眠い、脾臓は運化、または素体脾臓のびくびくする.

進むことに補う原則

脾臓の虚の」



私の父は小学校の先生です、彼はいつくしむと厳しい父です.彼はいつくしむと言って、彼は生活の上で私たち姉妹3人に行き届いて行き届いた配慮を与えたため.多くは母としてのことで、父はいつでも母の前にいると思って、できるだけ生活がもっと良いと思いました.私は小さい時の服、たくさん買ってみては父親の、私まで成長して仕事をして、父はまた私に服を買う.

生活に父は慈父、勉強や仕事上の父に私たちはかなり厳しい.私たちの姉妹三人は、自分が自分のことを考えたり、他人のことをやらないと、お父さんは私たちを厳しく教訓とする.お父さん教訓から手を使わずに、彼はあの張三寸の舌の口.私たちの姉妹3人とうちの多くの親戚,友達の子供は父に対して本当にとても敬体てまた恐れます.ある友達、彼は私に1度しか行ったことがある、私の父は少し時間を話した.お父さんのお口は本当にすごいですね.」私は笑い道:“私の父は職業病で、教訓が好きな人を好きになる.」でも、この父親があるからこそ、自分を励まして、努力することができるということです.仕事後、私は勉強には怠惰になったが、仕事に対する私は少しも怠って、仕事8年来て、授業の成績はずっと悪くない.

私はここで私は特に1年の時の1年間の時間を読んで、あの1年間の父は私の行き届いた配慮に対して私は更に深く理解していて父の無私の無私と偉大な.

初一に、中二の二年間私はすべて大黄中学過ごし、日目の時、父と斉ベイ中学校の教育の質は郡の上位にあって、そして、その子成凤の父が奔走して、やっと私に転入した斉ベイ中学校に通って.

私は私と他の学友と一緒に集合寮に住んで、土曜日、日曜日、学友達はすべて提げしています.私は1ヶ月中、何夜に、私は一人でおずおずしながら、私は一人でおずおずと寝ていると,私は一人でおずおずします.父に会って、私は父に泣き言、父は静かに耳を傾け、抱え込むを抱え込む.来学期1年学校が始まると、父は私を江先生の部屋に手配し、また、教師の窓には.教師の窓の食は、より多く、長く並んで待つことはない.暮らしの貧しい父はどのようにこれらの特権を手に入れたのだが、私は父が子供の中でずっといかなる代価を惜しまないで、いかなる面倒なことを恐れません.

斉ベイ中学の家から遠いので、しかも不通ため、私は家に帰って、登校も父の送迎に乗るたび父の自転車の後ろを見ていて、父を踏み付ける自転車で一颤一颤の両肩に、私の心の中は本当に味,生姜、私は心の中に自分をののしって、しょうがないで、あなたの父はこんなに苦しむ.

私は永遠にあの2つの朝が忘れられなくて.

は92年末の朝.あの天気は異常に寒い、北は