生姜の効果

生姜の効果・効能は有名で、中国では紀元前500年頃には薬用に利用されていました。また、現代においても医療用の漢方薬や健康食品に広く使われています。日本では寿司の薬味や料理の下味など食材として使われることが多い生姜ですが、海外ではハーブやクスリのように用いられることもあります。身近な食材として私たちにも馴染みのある「しょうが」の持つ成分や色々な効能を上手く使いこなして、健康に役立てていきたいですね!
血流改善
生姜に含まれるジンゲロール、ショウガオール、レビトラジンゲロンにはからを温め、血流を改善する効果が期待できます。血流を改善成分を含んでいるので、肩こりや疲労回復、消化促進、便秘の解消など、様々な効果があります。
殺菌作用・消臭作用
お寿司のがりは生姜の殺菌作用を利用したものです。また、生姜はお肉や魚などの臭み消しにも使われます。
解熱・発汗作用・咳止め
生姜は体の内部から熱を送り出して、発汗を促進してくれます。汗をかくので、熱を下げる効果もあります。また生姜には咳を和らげる効果もあるんです。これらの効果があることから、「風邪の時生姜がいい」と言われます。」
また、身体の不調は、体内に不要なものや、身体に負担となるものがあるために起こると考えられることもあります。そのため、しょうがの胃や腸に対する刺激で消化機能を促進させたり、しょうがの絞り汁やすりおろしたものが使われることもあります。